ツネイシカムテックス 新たな廃液処理設備を導入工場廃液の中和作用を活用し無害化

2015年12月24日
[サービス] [製品]

ツネイシカムテックス 新たな廃液処理設備を導入工場廃液の中和作用を活用し無害化

ツネイシカムテックスの新廃液処理設備

ツネイシカムテックス(本社:広島県福山市)では、メッキや半導体工場などから排出される酸性廃液や重金属廃液、ふっ素廃液など特別管理産業廃棄物を含む工場廃液を処理する新たな廃液処理設備を稼働しています。

■ツネイシカムテックス ウェブサイト
http://www.kamtecs.co.jp/

新たな廃液処理設備は、酸性とアルカリ性の廃液を中和するほか、減圧蒸留の処理を加えることで廃液の毒性を低減します。このほか、ろ過の一種であるRO処理※(逆浸透膜処理)機能も備え、廃水の無害化も可能な設備です。蒸留とRO処理を併用する処理方法は、産業廃棄物業界でも最新鋭の技術です。
処理後の廃水は、廃棄物の焼却設備の冷却水として再利用し水資源の節約につなげるなど、ツネイシカムテックスでは、環境に優しい廃棄物処理を実現しています。

新たな廃液処理施設の概要
・処理対象物 :廃酸、廃アルカリ、汚泥
・処理能力 :一日当たり、最大200トン

※逆浸透膜処理。RO膜(逆浸透膜)は、水の分子だけを通過させ、塩類、有機物などの物質を高効率で除去することが可能。

<ツネイシカムテックス株式会社>
創業100年を超え造船業、海運業を中心に事業展開する常石グループの一員で、環境・エネルギー事業を展開しています。船舶廃油処理から事業を開始し、現在では、一般および産業廃棄物を無害化し資源やエネルギーに無駄なく利用する再資源化(リサイクル)を進めています。経済発展が加速するアジアへも積極的に事業展開し、世界のごみ処理問題の解決に取り組んでいます。
URL:http://www.kamtecs.co.jp/

■事業内容 :産業廃棄物処理、リサイクル他
■設 立  :1967年5月
■従業員  :約100人(2014年12月時点)
■所在地  :広島県福山市
■工 場  :福山工場 約18万平方メートル、常石工場 約1万平方メートル
■関連会社 :ツネイシカムテックス埼玉、アースクリエイト、他

- 本件に関するお問い合わせ先 -
ツネイシカムテックス株式会社
企画部 TEL:084-954-5805

企業情報