事業内容 - 工場紹介

常石工場
国土交通省認可事業 船舶廃油処理施設・産業廃棄物処理施設

常石工場は、瀬戸内海に面した常石造船の構内にあり、風波の少ない恵まれた好環境に位置しております。約10,000m²の敷地には、海洋汚染防止に関わる廃油受入タンク9基(最大貯蓄量約7,600m³)、油水分離設備(処理能力60t/h)、遠心分離機、温海水洗浄設備、5,000D/W接舷可能な桟橋等の設備を完備。船舶のタンククリーニング、廃油の処理・再生をおこなっております。

対象廃棄物 ■船舶廃油 スロップ、タンク洗浄水、ビルジ、バラスト、スラッジ、ケミカル洗浄水
■産業廃棄物・廃油
■特別管理産業廃棄物・引火性廃油
処理施設概要 受入タンクコンルーフ型:2,500m3×2
集合タンクコンルーフ型:490m3
TPI油水分離機:30m3/h×2
加圧浮上分離糟:60m3/h
パマーグ濾過糟:60m3/h×2
排水ボンド:100m3
CoD計:東亜ディーケーケー(株)社製
チッ素、りん測定器:東亜ディーケーケー(株)社製
ドレンボンド
遠心分離機:8t/h×2
清浄油タンクコンルーフ型:300m3
C重油タンクコンルーフ型:490m3×2
廃油タンクコンルーフ型:200m3
機械油受入糟:15m3×2
機械油受入コンルーフ型:300m3
機械油分離タンク:25m3×2
清浄機械油タンクコンルーフ型:300m3
ケミカル洗浄水受入タンク:36.18m2
ボイラー設備:2t/h×10
バターワース装置: 60t/h
受変電室
ローリー入出荷設備
事務室
消火設備
着桟施設 5,000DWT
所在地