取り扱い品目

アスベスト無害化処理国の認定施設

将来に不安を残さない新しい処理方法の提案

アスベスト(廃石綿)はその健康被害への対策から、取り扱い方法から処分方法まで厳密に法令で定められています。 最終的には、法の定める無害化処理にて無害なものとする、か、厳密に管理された方法で埋立処分すること、のいずれかが課せられており、ツネイシカムテックスは、その無害化処理が大臣認定により許可された、数少ない事業所の一つです。

ツネイシカムテックスのアスベスト無害化処理技術と埋立処分との比較

受け入れ 無害化処理廃石綿入りの二重袋を、フレコンバック又はドラム缶に入れた状態で受け入れ 埋立処分廃石綿入りの二重袋をそのままトラックに積載して受け入れ
前処理等 無害化処理負圧管理のもとで、破袋等の有無を確認する。 埋立処分前処理も破袋確認もされない場合が多い。
処理の安全性 無害化処理受け入れ確認ブース及び投入装置内を負圧に維持する上、二重袋を開封することなく、直接溶融処理するため、飛散の心配はない。 埋立処分屋外での作業であり、二重袋が破損した場合は周囲へ飛散する可能性がある。
処理後の状況 無害化処理廃石綿は確実に無害化され、処理物に石綿は存在しない。また処理に伴って生じたばいじんはセメント固化後最終処分するので、将来においても安全。 埋立処分屋外での作業であり、二重袋が破損した場合は周囲へ飛散する可能性がある。

埋立処分から無害化処理へ! 石綿の新しい処理方法を提案します

ツネイシカムテックスの無害化処理技術の特徴
  1. 石綿の危険性を将来にわたって除去
  2. 環境負荷の少ない1,500℃以下での石綿溶融処理は国内唯一
  3. 石綿処理技術の中で、環境大臣より無害化処理施設として認定を受け、最初に稼働

廃石綿処理能力:12t/日×2基 1日最大24t処理可能

1廃石綿等の受け入れ
廃石綿が入った二重袋は、フレコンバック又はドラム缶に入れて受け入れます。

2確認検査
受け入れた廃石綿等は、ます最初に負圧に管理されたブースの中で、容器の破損、異物の有無等について確認します。

3投入管理
負圧に維持された雰囲気の中で投入作業を行う投入管理室(左)と装置内が負圧に維持されている自動投入装置(右)。投入した廃棄物の重量を管理し、そのデータは中央操作室に自動で転送され、集計記録されます。

4溶融処理
環境大臣認定 無害化処理施設 認定番号 平成22年第1号

5飛灰処理
廃石綿の処理に伴って生じたばいじんは、薬剤処理した後、セメントで固化し、自社最終処分場で処分します。


飛灰薬剤処理・セメント固化装置


飛灰薬剤処理・セメント固化装置

主な問い合わせ窓口

福山工場
〒721-0956 広島県福山市箕沖町107-5
TEL 084-954-6700
FAX 084-954-6703
東京営業所
〒102-0082 東京都千代田区一番町2-2 一番町第二TGビル5階
TEL 03-3264-4900
FAX 03-3264-7712
名古屋営業所
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2-17-12
TEL 052-222-1356
FAX 052-222-1357
関西営業所
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-5-15 第二富士ビル7階
TEL 06-6443-1105
FAX 06-6443-1026
常石工場
〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083
TEL 084-987-2170
FAX 084-987-2192
環境技術センター
〒721-0956 広島県福山市箕沖町113-1
TEL 084-954-6704
FAX 084-954-5796
九州営業所
〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-3-2 TNC放送会館19階
TEL 092-832-3893
FAX 092-832-3883